車の色が買取の査定に関係あるって本当?原色カラーはNG

車の色が査定に関係あると言われると、「え?そんなこと言っても色は
変えられないよ?」と疑問に思うかもしれません。

ですが、実は実際に車の色は査定に少なからず影響があるのです。

不人気のカラーは査定額が低い

テレビCMなどに影響を受けてカラフルな色の車を購入した後、「やっぱり
普通の色にしたほうがよかった・・・」と後悔する人も多いです。

こうしたカラフルな色の車は、中古車市場でも好みがはっきりと分かれるため、
買い手がつきにくい傾向にあります。

例えばかわいいピンク系や明るいグリーン系の車はあまり男性受けしない
ため、購入したいと思う人が限定的になりやすい傾向にあります。

色による査定額の違いというのは、結局のところ次の購入者に人気があるか
どうかによって決まるのです。

ホワイト、シルバーがもっとも人気のカラー

中古車で一番人気があるのがホワイトやシルバー系のオーソドックスな色
です。男女問わず乗れますし、好みにもあまり左右されません。

とはいえ、車の色は変えることはできませんので、将来的に売りに出す
ことも考えている人は、購入の時点で意識しておいたほうがよいでしょう。

目立つ系の色は売るときには不利になる可能性もあることも理解した上で
購入するようにしましょう。

また、一時的にブームになっているカラーも、ブームが過ぎると不人気に
なってしまうこともあります
ので、注意しましょう。

中古車市場で売れ残りがちなカラー

あらかじめ売ることを前提に購入するなら、以下の色は避けたほうが
よいでしょう。

赤・青・緑・黄色・紫 

これらの原色系のボディカラーは、買い手が希望しないかぎり売れない
色です。
つまり、「赤が欲しい!」と思っている人にしか、赤は売れないのです。
となると、当然査定にはマイナスに影響してしまいます。

このように、車の査定は色に大きく左右されます。CMやブームに流されて
一時的に珍しい色の車に乗りたくなる気持ちもわかりますが、購入する際は

こういったリスクも考慮しておきましょう。

一括査定はこちらから!愛車をもっとも高く売る方法

知って得するテクニック♪愛車を高額査定してもらう方法を紹介しています♪

かんたん一括査定の方法はこちら