走行距離10万キロで過走行車?日本の中古車事情は世界と比べて独特

日本では中古車は、走行距離10万キロを超えると過走行車と呼ばれ、
いわゆる「走りすぎの車」という扱いを受けます。

日本では車の状態を測るのにこの走行距離を重視する傾向にあり、
走れば走るほど車は消耗し、安全に使用できなくなると判断され
ます。

日本は特に品質や安全性にこだわる国ですので、走行距離に対する
考え方もシビアなのです。

日本の走行距離に対する考え方は異質

ですが、実はこの走行距離に対する考え方は、海外から見ると非常
に異質です。

海外では走行距離10万キロというと、まだまだ走れる良好な状態
の車です。とりわけ日本車は海外でも人気があり、走行距離が30
万キロ以上でも高値で取引されており、普通にあちこちで走ってい
ます。

日本車の性能は非常に高いので、30万キロ程度走っていても全く
問題なく乗れるのが実情なのです。

日本のように贅沢に車を乗り換える国は、珍しいのです。

100万キロ超えの車も当たり前

走行距離100万キロ

驚くべきことに、海外では100万キロを超えてもまだ現役で走っ
ている車がゴロゴロあります。

さすがに100万キロを超えた車を運転するのは怖いですが、それ
ほど日本車は優秀であることの証です。メンテナンスさえしっかり
していれば、半永久的に乗れるとまで言われています。

海外では日本ほど走行距離を重視していないので、「走ればよし」
という考え方で乗られています。その点において、日本車はなかな
か故障せず長く乗り続けられるので人気があるのです。

日本の中古車は海外へ売られている

長く乗っても安全に走ってくれる日本車は海外で非常に人気が高い
ため、とても需要があります。

反面、日本国内では若者の車離れが深刻化していて、車の売れ行き
が下がっています。

そのため、日本国内で買い取られた中古車の多くは海外で販売され
ています。中古車業者は、国内で安く買い取った中古車を海外へ高
く売る事ができるので、どの業者もひとつでも多く車を買い取りた
いのです。

こんな車でも買い取ってもらえる

こうした事情があるので、「こんな車、どこも買い取ってくれない
だろう」と言うような車でも、思った以上の高値で売れる可能性が
あるのです。

・事故車

・長年放置して動かない車

・炎上して黒焦げの車

・浸水してサビだらけの車

このような車でも、各部品はまだまだ使える事が多く、十分に買い
取って貰える可能性があります。

もう乗らないのであれば、廃車を考える前にあきらめずに査定に
出してみましょう。

複数社に査定を依頼するのがベスト

一括査定のライバル会社

そこで少しでも高値で買ってもらえる
唯一の方法が一括査定です。

中古車は、海外で高く売れるのでどこ
の業者も買い取りたいのです。
同時に、査定額はお客が納得するギリ
ギリの価格を提示してきます。

そこで、一括査定で複数社から同時に査定を受けておけば、業者も
ライバルとの価格競争をせざるを得なくなるので自然と値段は上が
っていきますので、あなたの車の相場もわかりますし、一番高値を
提示した業者に売ることができます。

愛車を高く売るために売り手ができる最善の方法は、この一括査定
しかないでしょう。一括査定はスマホからでもパソコンからでも
一瞬で依頼できますので、必ず利用するようにしましょう。

一括査定はこちらから!愛車をもっとも高く売る方法

知って得するテクニック♪愛車を高額査定してもらう方法を紹介しています♪

かんたん一括査定の方法はこちら