走行距離と年式から中古車の状態がわかる

中古車の走行距離は、単純に短ければよいというものでもありません。

その中古車がどのように使用されてきたかを測る目安として、年式と走行距離の
バランスを考える必要があります。

一般的な走行距離は1年に1万キロ

中古車の平均的な走行距離は1年に1万キロと言われて
います。ですので、5年で5万キロなら、平均的な数値
ということになります。
ちなみにこの「年」というのは年式のことで、生産されて
からの年数です。

考え方としては、走行距離が少ないほど中古車としての状態はよいと考えるのですが、
年式とのバランスが悪すぎる場合、注意が必要です。

例えば、年式が10年なのに走行距離が2万キロしか走っていない場合、
この中古車はよい状態かというとそうでもありません。

発売から10年もたつのに2万キロしか走っていないという事は、
長期間に渡って放置されていた可能性が高いです。

車は精密機械なので、定期的に動かしているほうが調子がよいことが多く、
長く動かさないほうが故障の原因になったりします。

そのため、単純に走行距離が少ないからといってよい状態とは限らないのです。

そうした、年式から見て極端に走行距離の少ない車は査定でも印象は悪く、
なにか問題を抱えている可能性があるため、査定額も安く見積もられる
ケースがあります。

使用用途によって走行距離に差が出る

たとえ毎日使用されている車でも、用途が近くの
スーパーへの買い物だけに使われている場合、
走行距離はあまり増えません。

この場合、エンジンを頻繁につけたり切ったり
しますので、エンジンへの負担が大きいと想定され、
走行距離が少なくても買取価格が安くなってしまう
事があります。

逆に、長距離の通勤に毎日使用している車は、同年式の車よりも
走行距離が多くなります。

これも車に負担が多くかかっている可能性があるため、買取額も
低くなるケースがあります。

そういう状況を知る指標として、年式と走行距離のバランスが重視されている
のです。

1年に1万キロを理想として、車の使われてきた経緯を測るのです。

中古車を売る時も買う時も、このバランスが価格に影響しますので
理解しておきましょう。

一括査定はこちらから!愛車をもっとも高く売る方法

知って得するテクニック♪愛車を高額査定してもらう方法を紹介しています♪

かんたん一括査定の方法はこちら