純正パーツと社外パーツでは査定に影響があるのか:査定士に聞く車査定のポイント

車が好きな人は、自分好みのパーツをつけてより快適にカーライフを
楽しみたいものですよね。

ですが、売りに出すとき、そうした社外パーツをつけている車はどの
ように評価されるのか気になるところ。

今回も高校時代からの友人でもある査定士さんに教えてもらいました。

社外パーツは査定にマイナスとなることが多い

中古車査定では、社外パーツはマイナスに評価されることが多い
ようです。

社外パーツは純正パーツと違い、量販店などで購入できる部品です。
通常、純正パーツには自動車メーカーの部品番号がつけられています
が、社外パーツには当然それがありません。

どんなに性能のよいパーツであっても、それによって査定額が高くなる
ことはあまりなく、純正パーツと入れ替えてつけている場合はむしろ
マイナスとなることのほうが多いので注意しましょう。

純正パーツを保管している場合は、必ず持参する

純正パーツを保管している場合は、売却する時に必ず持参しましょう。

そして純正に戻したほうがよいか、直接査定士さんに確認するのが
ベストです。

もしそのままのほうが査定が高いのであればそのままでよいですし、
純正に戻したほうがよいなら、社外パーツは取り外してパーツ買取り
専門店やネットのオークションなどで
売るのがもっとも高く車を売却
できる最善の方法です。

中古車は純正の状態がもっとも人気

自分の車に個性を出すには、社外パーツはなくてはなりません。

ですが、どんなに自分のお気に入りの社外パーツをつけても、誰もが
気に入るとは限りません。

次の購入者から見れば、他人のカスタマイズした状態の車は、やはり
気持ちの良いものではありません。中古車であっても、ノーマルに近
いものがもっとも人気があるのです。

純正オプションパーツもプラス査定になるケースは少ない

たとえ純正のオプションパーツであっても、査定の際にはあまりプラスに
働くことはないようです。

もちろん純正のオプションパーツをつけている事でマイナス査定になる
可能性は低いですが、購入時に高価なオプションをつけたからと言って、
それが売却時にも高値をつけてもらえるわけではありません。

なぜ純正オプションがあまりプラスにならないかというと、売却時には
すでに型落ち品となっていることが多いからだそうです。

ですから、あまり過度な期待はしないようにしましょう。

もし、オプションパーツがまったく査定額にプラスにならないのなら、
外して量販店などに売ったほうがよい場合もありますので、査定士さん
に詳しく聞いてみて下さい。

一括査定はこちらから!愛車をもっとも高く売る方法

知って得するテクニック♪愛車を高額査定してもらう方法を紹介しています♪

かんたん一括査定の方法はこちら