査定額を高くするためには?車の価値を下げない乗り方

車の価値を下げない乗り方

どんな車でも、いつかは手放す時がきます。

その時、それまでどのように車を扱ってきたかによって査定額が大きく
変わってきます。

愛車を少しでも高く買ってもらうために、普段からどのように車に乗る
べきかを意識しておくのが大事です。

普段から気をつけるべき最大のポイントは「臭い」

タバコの臭い

車内の灰皿

車の査定額に非常に大きなポイントとなるのが車内の臭いです。

例えばタバコの臭いが染みついた車は、次の購入者にも当然敬遠されて
しまいます。ですから当然、買取時の査定額にも大きくマイナスになり
ます。

しかし、いざ売ろうとするときに気をつけても、すでにタバコの臭いが
染み付いてしまっていると、取るのはなかなか大変です。

ですから、普段から車内ではタバコ吸わないようにするのがベスト。
タバコの臭いは、次の購入者にもっとも嫌われる要素となりますので
気をつけましょう。

芳香剤の臭い

車内芳香剤

車内を快適に過ごすために、香りのある芳香剤をつけている人も多い
でしょう。

しかしこの芳香剤の臭いも、タバコと同じく中古車の買取では査定額
にマイナスに働きます。

芳香剤の臭いは、自分ではいい香りだと思っていても他の人にとって
はきついと感じたり、その臭いのせいで車に酔ったりする人もいます。

中古車の買取では、たとえよい香りであっても、臭いがあるだけで
マイナスです。ですから芳香剤ではなく、無臭の消臭剤をつけるのが
お勧めです。

ペットの臭い

ペットの臭い

犬や猫などのペットを飼っている人も注意が必要です。

ペットには独特の臭いがあり、飼い主にとってはかわいいペットの
臭いは気にならなくても、他の人にとっては不快に感じます。

どうしてもペットを乗せる必要がある人は、頻繁に換気をして臭いが
こもらないように気を配りましょう。

また、ペットの毛が車内に落ちているのも当然NGですので、換気と
同時に車内の清掃も普段からしておきましょう。

こまめに清掃をする

車内の清掃

車をきれいに扱っておくことは、中古車の査定にとって大きくプラス
に働きます。

とくに、外装だけではなく車内の清掃を普段からしっかりしておくと
いざ売りに出すときに非常に有利です。

というのも、外装に比べて車内はシートなど汚れのしみつきやすい
ものが多く、さらに密室空間のためにその汚れが発する臭いが車内
全体にうつってしまいがちです。

そのため、いざ売ろうと思ったときには汚れや臭いがこびりついて
しまっている事が多く、後で後悔する事になります。

ですから、洗車よりもむしろ車内の清掃を普段から心がけておく
ことが大事です。

丁寧な運転を心がける

安全運転

これはなにも買取のためだけではないですが、丁寧に安全運転を
することで、こすったりぶつけたり、事故を起こしたりしない
ようにしましょうという事です。

また、エンジンが温まる前に急加速したりするとエンジンを痛め
ますし、急ブレーキも同様です。あと、車が動いていないのに
ハンドルを切るのも、車に負担をかけますので、やめましょう。

一括査定はこちらから!愛車をもっとも高く売る方法

知って得するテクニック♪愛車を高額査定してもらう方法を紹介しています♪

かんたん一括査定の方法はこちら