事故バイクでも高値で買取ってくれる理由 廃車しかないと諦める前に

事故に巻き込まれたり、自分のミスによってバイクを傷つけてしまう事は
少なくありません。

多少の傷の場合はともかく、明らかに破損してしまったり、部品が欠損
してしまったりしてしまうと、もう買い取ってもらえず、費用をかけて
廃車するしかないと考えてしまいます。

ですが、実はそのようなバイクでも十分に買い取ってもらえる可能性が
あります
ので、決してあきらめないで下さい。

なぜ事故車でも売れるのか

通常、中古車として買取りをする業者は、できるだけ状態のよいバイクを
買取って手を加え、きれいな状態にして販売します。

ですが、最近では事故車のバイクであっても、パーツ毎で考えればまだまだ
利用価値がある
と考え、値をつけてくれる業者も増えてきました。

たとえ事故で損傷したとしても、すべての部品が機能しなくなったわけで
なければ、ダメな部品だけ取り換えれば済むわけです。

逆もまたしかりで、一部の部品を必要としている業者に、その部品だけを
売ることもできます。

つまり、パーツごとでみればまだまだ価値があるということです。

販売するのは日本だけにとどまらない

買い取ったバイクは、日本国内だけを対象に販売するわけではありません。

たとえ日本では需要がないバイクでも、海外では日本製のバイクは非常に
高く評価されている
ため、事故車であっても高く売れるのです。

国内外に流通経路を確保している業者はたくさんありますので、一般の
買取店では買取ってもらえなかったものでもあきらめないで下さい。

中古車価格の40%で売れるケースも

事故車であっても、中古価格の40%もの価格で買い取ってもらえるケース
もあります。自分ではスクラップだと思っていても、業者から見ればまだまだ
使い道がある事が多いです。

お金をかけて廃車するなら、少しでもお金になるほうがいいですよね。

こんなバイクも査定してもらえる

あなたの家にこんなバイクは眠っていませんか?

・長年放置し続けて完全に動かなくなってしまったもの

・水没させてしまい、サビでしまっているもの

・炎上して黒焦げになってしまったもの

これらのバイクは、普通なら廃車するしかないと考えがちですが、意外にも
買取り値がつくことが十分にあります。

査定自体は無料でおこなってくれるので、どうせ乗る予定がないのなら、
絶対に査定を依頼するほうがかしこい選択と言えます。