中古車査定を受けるときにありがちなトラブル

中古車査定では、大金が動きます。

売りたい人は当然できるだけ高く売りたいと思っていますが、業者側も
できるだけ安く買いたいと考えるのが普通です。

そのため、業者はお客の無知につけこんだり、言葉巧みに心理的な誘導
をしたりして相場よりも安く買いとるように仕向けてくることもあります。

業者は即決での買取りを望んでる

例えば、

「今すぐに売ってくれるならこの金額で買い取りますが、このチャンスを
逃すともうこの金額では買い取れませんよ」

と心理的に誘導してきたりするわけです。

このような方法で、業者が買取りを急ぐのはわけがあります。
それは、他社と査定額を比較されるのを防ぐためです。

他社と査定額を比較されてしまうと、価格競争をせざるをえなくなって
しまいます。

それでは業者としては利益が減ってしまうため、比較される前に買取って
しまいたいのです。

一度買取りが成立すると取り消しはできない

こうして即決を迫られ、買取りが成立してしまった後に、実は相場より
相当安く買い取られたことが判明するというケースはよくあります。

後で気づいてクレームをつけたとしても、金額を再提示してもらえる
可能性は限りなく低いでしょう。

業者も仕事なので、限りなくグレーな方法で買いたたくところもあり
ますので、その場の交渉で即決してしまう事だけはさけましょう。

高値での買取りを約束して他社を断らせるケースも

複数社に査定を依頼している人に対して、高値での買取りを約束して
他社との交渉を打ち切らせる業者もいます。

他社と比較されてしまっては利益が減りますし、何より買取り自体が
できなくなってしまう可能性もありますので業者も必死です。

車を査定に出すときは、必ず複数社に査定をしてもらい、相手のペース
に巻き込まれないように交渉をするようにしましょう。

一度出された査定額は返金の義務はない

業者の中には、いったん高値で買取りをした後「査定時にはわからなかった
不具合があった」として後で返金を要求してくるケースもあります。

ですがこの場合、仮に本当に不具合があったとしても、持ち主がそのことを
意図的に隠していたケースを除き、返金の義務はありません。

売り手の無知につけ込んで、返金をせまる業者もありますので、一切応じない
ようにしましょう。

一括査定はこちらから!愛車をもっとも高く売る方法

知って得するテクニック♪愛車を高額査定してもらう方法を紹介しています♪

かんたん一括査定の方法はこちら