中古車を売る時の走行距離と査定額の関係 高く売れるタイミングは?

車を売却する場合、査定額に大きく影響するのが「走行距離」です。

単純に、たくさん走っている車ほど査定額は安くなり、あまり走って
いない車だと査定額は高くなる
傾向にあります。

もちろん、年式との兼ね合いもありますが、この走行距離を
意識することで、愛車を売却する時のベストなタイミングを
考えることができます。

走行距離と査定額の関係

一般に、中古車の購入を考えている人は「走行距離3万キロ未満」
の車を理想と考える人が多いと言われます。

3万キロ未満というと、中古車の中ではかなり条件のよい車となり、
中古車市場でも高値で取引されています。

当然、3万キロ未満の中古車は市場に出回る数が少ないため、もし
自分の売りたい車が3万キロ未満であれば、買い取りたい業者も
多く、高値での売却が期待できます。

5万キロラインが目安

3万キロ未満の中古車はもちろん高値での売却が期待できますが、
そうそう数があるわけでもないので、一般的には5万キロ前後の
中古車がよく取引されています。

この5万キロはいわゆる査定の重要なラインとなり、
5万キロを超えるかどうかで査定額に大きく影響します。

例えば、4万5000キロで売却する場合と、5万1000キロで
売却する場合では、査定額に大きく差が出てきます。

5万キロを超えると「多走行車」と言われ、売却価格も安く
なってきます。ですので、もし車の売却を考えた時、走行距離が
5万キロ未満であるなら、それ以上メーターが
上がらないように
気をつけましょう。

10万キロを超えると「過走行車」

10万キロを超えると過走行車」と呼ばれたりします。

10万キロのラインが、査定額の増減のラインの目安とされる
ので、10万キロ手前で売却を考えている人は、絶対にこの
ラインを超えないようにしましょう。

とはいえ、10万キロを超えてしまうと売却できないかと
言われれば、まったくそんなことはありません。

日本の車は、エンジン性能も格段に高く、10万キロ程度
走っても、実際の走行にはまったく問題ない事が多いです。

日本国内では走行距離が重視される傾向にありますが、
海外では日本製の車は非常に人気があるため、走行距離が
多くても日本ほど気にされません。

そのため、走行距離が多くても積極的に買い取ってくれる
業者も増えています。

年式と走行距離の関係

年式と走行距離のバランスも、査定額に影響があります。

一般的には、1年間に1万キロが適切とされています。

どういうことかというと、例えば「2年落ち」の車
(※○年落ちとは、その車が生産された年から数えて何年
経過しているか)で、5万2000キロ走っている車は、
1年間で2万6000キロ走っている計算になります。

この場合、たとえ5万キロを超えていても年式が新しいため
中古車としては価値が高い
と判断され、査定額は高くなる
傾向にあります。

逆に、たとえ2万キロしか走っていなくても、「6年落ち」
の車だと年式が古いため、査定額は前者よりも低くなる場合
もあります。

こうした年式や走行距離、これに車種やグレード、市場の
人気などの総合的な判断の元で査定額は決定されますので、
素人が査定額を予想するのは簡単ではありません。

もっとも高く売るにはネットからの一括査定が必須

もっとも確実に、高値で買い取ってもらう方法は
一括査定を利用して複数の業者に査定を依頼することです。

一括査定では、簡単な情報を入力するだけで、複数の業者に
査定を依頼することができます。

その中から、もっとも高値を提示してくれた業者に売却すれば
よい
ので、とても簡単です。

利用も査定ももちろん無料ですし、査定士さんが家まで出張査定
をしてくれますので、手間もかかりません。

ぜひ、利用して下さい。

一括査定はこちらから!愛車をもっとも高く売る方法

知って得するテクニック♪愛車を高額査定してもらう方法を紹介しています♪

かんたん一括査定の方法はこちら