中古車の買取価格と販売価格の差はどれくらい?査定士に聞いてみた

中古車業者は、買い取った車にどれくらいの差額を乗せて販売している
のでしょうか。

今回も、高校時代からの友人でもある査定士さんに教えてもらいました。

買取り価格と販売価格は何を基準に決められるのか

中古車の販売価格の内訳

中古車の販売価格は、買い取った価格(仕入値)に整備などにかかった費用、
そして利益を上乗せした金額になります。

業者もビジネスですから、この利益をできる限り多く上げなければならない
のですが、上乗せできる利益はだいたい決まっています。

理由は、状態の同じ車であれば、だいたいの販売価格の相場があるので、
相場以上に高く売っても売れ残ってしまうからです。

業者がもっとも恐れるのが「売れ残ること」です。

在庫として車を抱えてしまうと、どんどん型落ちしてしまってますます
売れなくなります。

そのため、どうしても販売額はその時の適正価格に収めなければいけません。

となると、できるだけ儲けを出すためにはできるだけ安く買い取るのが
一番なのです。

買取り価格の設定基準

業者の担当者は、査定の段階から最終的な販売価格を意識して金額を
見積もっています。

いくらで買い取り、いくらを整備費にあてていくらの利益が出るのか、
最初からイメージして金額交渉をしてきます。

同時に、この車の整備にどれくらい時間がかかるかも考慮しています。

あまり人気のない車で、しかも整備に時間がかかるような状態の車を
買い取っても経費と時間の無駄になりますし、売れ残るとどんどん
古くなって相場が下がって
いきます。

在庫として抱えてしまうとそれだけで場所を取り、経費もかさむので、
そういった車は安く査定されてしまいがちです。

逆に人気のある車種であれば、売れ残る心配リスクがありません。

すぐに売れることがわかっているので、整備も優先的に行い、利益を
出すまでのサイクルが早いので、買取り価格を高く設定することが
できます。

このような要素を考慮して買取り額は決定されているのです。

販売価格との差額はどれくらい?

では気になる販売価格との差額はどれくらいかというと、おおむね
30万円~40万円あたりだそうです。

例えば60万円で買い取ったら、だいたい100万円くらいで売れる
ように算段していると考えると目安になります。

もちろん車種や時期によっても変わるそうですので、参考程度に認識
しておけばよいでしょう。

中古車の販売価格と買取価格の差額

他社を意識すると査定額を上げざるを得ない

業者はできるだけ安く買取りたいわけですが、売り手もできるかぎり
高値で売りたいですよね。

しかし、業者もプロです。交渉では当然相手のほうが上です。
そこでもっともよい方法が、一括査定を使って数社から査定を
受ける方法
です。

一括査定をすれば、一度に複数社から査定額を提示してもらうことが
できます。業者としては、できるだけ安く買い取りたいところですが、
他社に取られてしまっては意味がないので、値段を上げざるをえなく
なります。

一社だけに査定を依頼すると、安く買い叩かれてしまっても素人では
わかりませんので、ぜったいに一括査定を利用して下さいね。

一括査定はこちらから!愛車をもっとも高く売る方法

知って得するテクニック♪愛車を高額査定してもらう方法を紹介しています♪

かんたん一括査定の方法はこちら