中古バイク査定に必要な書類は最大で8つ!

中古バイクの査定をしてもらう場合、必要な書類は最大で8つあります。

バイク査定及び売却時に必要な書類はバイクの排気量によって異なります。
原付バイク、中型大型などによって書類が変わってきますので、必要な
書類はあらかじめ準備しておきましょう。

排気量が125ccの場合

排気量が125ccの場合は3種類の書類が必要です。

標識交付証明書

標識交付証明書は、ナンバープレートを交付された際、各自治体で
発行される証明書です。

自動車でいうところの車検証にあたる書類です。

自治体によって名称が異なる場合もありますので、不明な場合は
市町村の自治体に確認しましょう。万が一紛失してしまった場合
も再発行は可能ですので安心して下さい。

自賠責保険証明書

自賠責保険証明書は、正式名称を自動車損害賠償責任保険といい、
保険に加入すると交付される書類です。

自賠責保険は自動車 やバイクで公道を走行するさい、必ず加入して
おかなければならない「強制保険」です。

中古バイクの売却を考えている人なら必ず加入しているはずですの
で、書類は大切に保管しておきましょう。

身分証明書と印鑑

身分証明書と印鑑です。免許証でよいでしょう。

126cc以上250cc以下の場合

軽自動車届出済証

126cc以上250cc以下の場合、自賠責保険証明書や身分証明書、
印鑑は同じく必要ですが、さらに軽自動車届出済証が必要と
なります。

軽自動車届出済証は、車検の義務を免除されている車両を届け
出すると交付される書類です。下記の車両が該当します。

・総排気量125cc超250cc以下の自動二輪車

・小型特殊自動車に牽引される長さ2.50m以下、幅1.30m以下、高さ2.00m以下の一輪または二輪のトレーラー車両

軽自動車届出済証を紛失してしまうと、再発行にかなりの書類が
必要になりますので、気を付けて下さい。

また、すでに廃車の手続きが済んでいる場合には、軽自動車届出
返納済確認書
廃車証も必要になります。

251cc以上の場合

自動車検査証

251cc以上の場合は、自動車検査証が必要です。

自動車検査証とは車検証のことです。車のダッシュボードに入れて
いる人も多いと思いますが、紛失すると再発行に書類や手数料など、
いろいろ面倒ですので、これも大切に保管しておきましょう。

取扱説明書も用意できると査定に有利

バイクには取扱説明書がついています。

取扱説明書も提出できれば、多少査定額に有利に働きますので、
なくしていなければ必ず準備しておきましょう。