中古バイクを査定に出した時に多いトラブル 原因と対処法

中古バイクの査定に出すと、少なからずトラブルになることも多いです。

やはり、トラブルの原因はほとんどが買い取り額です。

売り手は当然少しでも高く売りたいところですが、業者側としては
とにかく安く買い取りたいので、あの手この手で安く買い取ろうと
する業者もいます。

最近では、悪評が広まるのも早いのであからさまにひどいことをする
業者は減ってきましたが、それでもトラブルは少なくありません。

契約直前に査定額を下げてくるケース

他社との査定額を比較されないよう、あらかじめ高い査定額提示して
他社を断らせておき、契約直前に査定額を下げてくるケースというの
はよくある話です。

駄目元で値下げ交渉をしてくる場合もありますが、強硬な態度で相手が
根負けするのを待つというパターンもあります。

このような場合、査定額に納得がいかなければはっきりと断ることが
大切ですが、相手もプロですので、うまく言いくるめようとしてきます。

そのような場合、一番よいのは、「話が違うので、改めて他社に査定を
依頼します」
と毅然とした態度を示すことです。

契約前であれば売らなければ済むだけの話ですので、相手のペースに
巻き込まれないようにしましょう。

契約成立後に返金を求めてくるケース

査定の段階では車の内部の状態まではわからないことも多く、買い
取ってから不良個所に気づく場合もあります。

そのような場合、後日査定額の一部を返金するよう要求されるケース
があります。この場合、返金に応じなければならないのでしょうか。

売り手が不良個所に気づいていた場合

売り手が不良個所があることを知っているにもかかわらず、査定士に
その事を伝えていなかった場合、業者は返金を要求することができ、
売り手もこれに応じなければなりません。

売り手はバイクの状態を説明する責任がありますので、隠れた瑕疵が
あると知りつつ業者に売りつけた場合、法的に返金義務が生じてくる
ためです。

売り手が不良個所に気づいていなかった場合

売り手が不良個所に気づいていなかった場合、後で業者に指摘された
としても、返金に応じる必要はありません。

あくまで業者側のチェックミスによる見落としとなります。

しかし、売り手の無知につけこんで返金を迫ってくる業者もあります
ので、「売り手が気づいていなかった瑕疵については返金義務はない」
事は知っておきましょう。

通常、バイクの素人である売り手が細かい内部状態まで把握している
ケースは少ないため、常識的な範囲であれば通常では返金を要求される
ようなことはないはずです。

業者のセールストークに注意

できるだけ安く買い取りたいのはどこの業者も同じです。

そのため、過剰なセールストークで売り手を丸め込み、相場よりも
そうとう安く買いたたかれるケースもあります。

これを避けるためにもっともよい方法は複数社に査定を依頼する
ことです。

複数社から査定額を聞いたうえで、一番高いところに売るのが
間違いがない方法です。

愛車のバイクを手放すときに不快な思いをするのはできるだけ
避けたいですよね。

これらのポイントを押さえておき、あらかじめ揉め事になりそう
な部分を把握して査定に出すようにしましょう。