中古バイクの査定アップのポイントはここ!車種・走行距離・年式

中古バイクを売りに出すとき、何が査定に影響するのかを知っておくと
高く売ることができます。

査定時に、どの部分をチェックされているのかを押さえておくのが重要です。

走行距離と年式

中古バイクの査定には、年式、走行距離が重要です。

走行距離が短く、年式も新しいほうが高くなりやすく、逆に走行距離が長く
年式も古いほうが安くなりがちです。

もちろん、今では手に入らないようなクラシックなバイクなどは希少価値が
ついたりもしますが、一般的には上記が基準となっています。

車種

人気のある車種は、やはりそれだけで高値がつきやすくなります。
そのため、多少状態が悪くても業者は高く査定してくれます。逆に人気のない
車種は、状態が良くても査定額は低くなってしまいます。

査定額をアップするためにできること

売りに出す以上、少しでも高く買い取ってほしいもの。そのためにできること
は、なんといっても下準備です。

まず、付属品がある場合は必ずすべて用意しておきましょう。

付属品がひとつないだけで、査定額が下がってしまうこともありますので
注意しましょう。

次に、必ずやっておきたいのが清掃です。

せっかく高値が期待できるバイクでも、見た目が汚れてきたないと印象が
悪くなります。
正常に動作するバイクでも、故障を抱えているように見ら
れてしまう可能性もあります。

ですから、査定に出す前にはピカピカにしておきましょう。

複数の買取り業者に査定を依頼する

早く売りたいからと言って、慌てて業者の言いなりの値段で売るのは
もったいないです。一社だけに査定を依頼すると自分のバイクの相場が
わかりにくく、業者の言い値で買い取られてしまう可能性があります。

ですので、複数の業者に査定を依頼することで、自分のバイクの相場を
知ることができます。

また、複数の業者に依頼していることをアピールすることで、業者も
お互いに相手を意識せざるを得なくなり、簡単には買いたたけなくなります。