中古バイクの査定が高くなる時期は?

中古車同様、中古バイクにも査定額が高くなる時期があります。

うまく査定額の高いときを狙って売りに出すことで、より高値で買い取って
もらいましょう。

査定額が高くなるのは4月、7月、12月

査定額は、1年を通じてずっと同じではなく、4月、7月、12月頃は高値に
なりやすくなります。

この時期は、バイクを買いたいと思う人が増えるからです。需要と供給の関係
ですね。

4月は生活の変わり目

4月は入学や就職、転勤などで生活が変わる節目となる時期です。

そのため、バイクの購入を考える人が増えるので、需要が高まります。
また、4月下旬からはゴールデンウイークが始まるため、ツーリングを
楽しむためにバイクを購入する人も増えます。

7月は長期休みで需要が増加

7月には夏休みがあります。

特に大学生は、 2ヶ月近い長い休みに入ります。社会人でもお盆休みや
まとまった休みを取れるので、この期間にバイクで観光地に行こうと
考える人が増えるのです。

12月は業者のイベントシーズン

そして12月にも査定額が上がる傾向にあります。

「寒い時期にバイクが売れるのか?」と疑問に思うかもしれません。

しかし、年末年始の休みを利用してバイクで帰省する人も増えますので、
需要は高くなります。さらに、中古バイクの販売業者は本格的に冬に入る
前に買取りキャンペーンやイベントを行いますので、売却を考えている人
にはチャンスです。

売りたいときに売るのがベスト

このように、高値で買い取ってもらえる時期はチャンスです。

とはいえ、わざわざこの時期まで売るのを待っていると、バイクが型落ち
してしまったりしてかえって査定額が下がってしまう事もありますので、
あくまで参考程度にとどめるのがよいかもしれません。

売りたいと思った時が売り時です。

できるだけ多くの業者に査定を依頼して、一番高い業者に売るのが一番
賢い方法と言えるでしょう。