どっちが高い?中古車の下取りと買取りの違いについて

車を売るとき、方法は下取りと買取りの2種類があります。

両方とも車を売るのには違いないのですが、どちらのほうが高く車を
査定してもらえるかご存知ですか?

下取りと買取りの違い

下取りとは

車を買いかえる時、今持っている車を車の販売店に買い取ってもらい、
購入する車の代金の一部に充てることを下取りといいます。

下取りは新しい車の納品時に古い車を直接引き取ってもらえるので、
手間などを考えるととても便利です。そのため、もっとも多くの人が
利用している方法です。

買取りとは

中古車センターなどの買取専門の業者に車を売ることを買取りといいます。

新車に乗り換える以外の理由で車を手放す場合は、買取りが一般的です。

下取りと買い取り、どっちが高く買ってもらえるの?

査定額で言えば、ダントツで買い取りのほうが高いです。

下取りと比較すると、車にもよりますが数十万円も査定額が違ってくる
こともよくあります。

ではなぜ、買い取りのほうが高額な査定額になりやすいのでしょうか。

新車販売の会社は中古車の扱いは苦手

通常、新車販売を専門とするディーラーはいかにして新車の売り上げを
伸ばすか
が仕事になります。

そのため、下取り自体はメイン業務ではなく、下取りした中古車を売る
ためのネットワークを
持ち合わせていない事が多いのです。

そのため、売り抜けることができない場合のリスクを考え、できるだけ
安い値段で買い取ろうとするのが一般的です。

買取り専門業者は販売網を持っている

逆に買取業者は、車を買い取る事をメインの仕事としています。

ですから、買取った車を現金化するまでの流通経路が確立しているので
無駄なく迅速に現金化できるため、下取りよりも高く査定額を出す事が
できる
のです。

中古車を購入したい人は全国にいる

買取り専門の業者は、全国に販売ネットワークを持っています。

中古車は、当然新車に比べれば格段に安く購入できるため、希望の
車種の中古車を探している人はたくさんいるのです。

買取り専門の業者は、そうした顧客情報をたくさん持っているので、
即座に売れるかどうかの判断ができます。

そのため、基本的には売りそびれるという事がないので、多少高い
査定額を出しても問題がないのです。

ここが下取りと大きな金額差が出る理由です。

新車に乗り換える場合でも安易に下取りで済まさず、一括査定
で各社の提示額を確認しましょう。

一括査定はこちらから!愛車をもっとも高く売る方法

知って得するテクニック♪愛車を高額査定してもらう方法を紹介しています♪

かんたん一括査定の方法はこちら