バイクの査定額と走行距離の関係 1万キロごとに査定額は下がる!

バイクを査定額に、大きく関係するのが走行距離です。

ですが、この走行距離、どのように査定されているのでしょうか。少しでも
高く売るために知っておきましょう。

走行距離には査定の区切りラインがある

バイクの査定額は、おおよそ5,000キロ、1,0000キロ、20,000キロ、
30,000キロ・・・に査定の減額ラインがあります。

例えば、25,000キロで売るのも29,000キロで売るのも査定額は
変わりませんが、30,000キロを超えると査定額が一気に下がる可能性が
あります。

10,000キロ台の節目を超えると相当査定額がかわってきますので、
1,9500キロで売るのと20,050キロで売るのとではわずか550キロの差
でもかなり査定額に差が出るでしょう。

また、1万キロごとに同額づつ減額されていくわけではなく、後半ほど
マイナスが大きくなっていきます。

1万の桁が変わる前に売却する

バイクを売却したいなら、1万の桁が変わる前に売却を検討しましょう。

1万の桁が変わってくると、数万円も変わってきますので、ここは意識
しておきましょう。

なぜ走行距離が重視されるのか

なぜ走行距離がこれほど重視されるかというと、バイクの寿命を示唆する
からです。

車やバイクは、走れば走るほど部品が消耗します。部品が消耗すると、
バイクの寿命は短くなると判断されますが、実際には部品の消耗度合いを
見た目で判断するのは難しいものがあります。

そこで走行距離が寿命の判断材料となるのです。

寿命が長ければ、まだまだ長く走れるので購入したいと思いますが、
寿命の短いバイクなら誰も欲しいと思いませんよね。

そのため、走行距離は査定額に大きく影響するのです。

メーター交換をするとどうなるの?

走行距離が査定に影響するのであれば、メーターを交換してしまえば
高く売れるかというと、そうもいきません。

査定士はたとえメーターが交換されていても、タイヤの溝のすり減り
具合やブレーキパッドの消耗度、バイクの年式などでメーターの数値
が適正かどうかわかります。

ですので、メーターを交換したり巻き戻したりして査定額を上げよう
と小細工をしても見破られてしまいますので、絶対にやめておきましょう。

悪意がなくても、やむを得ずエーター交換が必要であった場合もあります。

この場合は、交換前にどれくらい走っていたか正直に申告しましょう。

申告せずに査定に出して、査定士さんに疑問を抱かれてしまうと、後々の
トラブルを考慮して大幅に減額されてしまう可能性もありますので、注意
しましょう。