キズやへこみは修理した方がよいのか:査定士に聞く車査定のポイント

車を査定に出す際、外装にキズやへこみがあると、査定額が悪くなって
しまうのではないかと心配になりますよね。

そのため、査定に出す前にあらかじめキズやへこみを直しておいたほうが
いいんじゃないかと考える人も多いと思います。

では実際、キズやへこみは直したほうがよいかについて高校時代からの
友人でもある査定士さんに教えてもらいました。

査定前に修理をすると損をする

車体のキズやへこみがあると、やはり査定額としてはマイナスになることが
多いそうです。ですが、だからと言って査定前に修理に出しても、トータル
としては損をするケースが多い
ので、査定に出す前に修理をする必要は全く
ない
とのことです。

損をしてしまう理由としては、査定額よりも修理費のほうが高くついてしまう
から
です。

なぜ修理費のほうが高くつくのか

車の買取り業者は、自社内に修理工場を備えていることが多いです。

そのため、車にキズやへこみがあっても社内価格で修理をすることが
できるので、修理費用は安くあげることができるのです。

しかし、あなたが自費で修理に出した場合は当然一般化価格での修理
になるため、修理費用は割高になってしまいます。

なので、結局トータルで受け取れる金額はマイナスになるケースが多
いので査定前に自費で修理に出すと損をしてしまうのです。

自分で修理するとどうなる?

それなら、自分で修理をすればどうでしょうか。

自分で修理すれば、費用もかけずに状態をよくできるので、いいのでは
ないかと考えてしまいます。

ですが、自分でした修理や補修は、プロの査定士から見れば一目瞭然
とのこと。

変に自分で補修したりすると、かえって他の部分でも隠しているのでは
ないかと疑われてしまい、評価がマイナスに働くこともあるようです。

ですから無理に自分で修理したりするよりも、そのまま査定に出すほう
が印象はよいようです。

もし、自分で補修した箇所がある場合はあらかじめ正直に伝えておけば
査定士さんとの信頼関係も結べるでしょう。

修理をせずに査定額を上げる方法はないのか

自分で修理や補修をしても損をしてしまうなら、査定額を上げる方法は
何もないのかというとそうでもないそうです。

キズやへこみはどうしようもなくても、きちんと車を清掃していれば、
評価も悪くはならないそうです。

査定士さんも人間です。

車内や外装が汚れたままだと、当然印象はよくありません。

持ち主の普段からの車の扱いもうかがいしれてしまうというものです。

外装や車内の清掃はもちろん、車のホイール、エンジンルールの清掃も
徹底的に行うのがベストです。

特にエンジンルームがきれいだと、ドライバーの普段のメンテナンスが
よいと感じられ、車全体への評価もよくなる傾向にあるそうです。

「どうせ買い取った後、修理や清掃をするんでしょ?」と考え、汚れた
まま査定に出すのは、キズやへこみがあることよりも査定にマイナスに
働きますので、くれぐれも注意しましょう。

一括査定はこちらから!愛車をもっとも高く売る方法

知って得するテクニック♪愛車を高額査定してもらう方法を紹介しています♪

かんたん一括査定の方法はこちら